サイゾーpremium  > 特集  > スポーツ  > 柔道金メダルの【松本薫】を悩ます所属企業の闇
第1特集
「サイゾーpremium」限定ニュース

金メダル第1号の松本薫を悩ます所属企業のマルチ商法と移籍問題

+お気に入りに追加

1208_judou.jpg
『女子柔道の歴史と課題』(日本武道館)

 ロンドン五輪柔道女子57キロ級で日本勢初の金メダルを獲得した松本薫。

 海外メディアから「アサシン(=暗殺者)」とまで呼ばれる試合中の鋭い目つきやとことん前に出るワイルドな戦いぶりとは裏腹に、パフェが大好物であることや「妖精を見た」と真顔で語ったこともある“不思議キャラ”がメディアで大注目を浴びている。

「大会前はそれほど注目されていなかったが、金メダルの獲得で一夜にしてスターとなった。現在24歳で、次回のリオ五輪挑戦を表明しているので、今後、日本女子柔道界のエース的存在となるだろう。帰国後はテレビ出演やイベント出演のオファーが殺到すると思われるだけに、しばらくはなかなかまともに練習できないのでは」(スポーツ紙デスク)

 もはや「国民的英雄」と呼んでも過言ではない存在となった松本だが、どうしても今後、ネックとなりそうなのがその所属先だというのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論