サイゾーpremium  > 特集  > スポーツ  > U-23サッカー日本代表をベスト8入りさ...
第1特集
「サイゾーpremium」限定

U-23サッカー日本代表をベスト8入りさせた「関塚監督の一言」

+お気に入りに追加

 奇跡が起こった。

1208_gentei_sekine_cap.png
関塚監督の所属する川崎フロンターレの公式HPより。

 現地・イギリスでU-23サッカー日本代表を取材しているサッカージャーナリストやカメラマンは、驚きを隠せない。一戦目のスペイン戦(日本時間7月26日)では、大方の予想で「大敗」とされていたが、虎の子の一点を守り切り、まさかの勝利。続く二戦目のモロッコ戦(日本時間7月29日)でも、試合終了間際に永井謙佑(名古屋グランパス)が得点をして勝利し、グループリーグ(GL)突破を決めた。あるサッカーライターはこう語る。

「ほんとにまさかのまさかですよ。自分は男子代表チームを専門的に取材していますから、代表チームが負けたらそこですぐ帰国する予定でした。どうせすぐに敗退するだろうと思って、取材費用を低く見積もっていたのですが、思いがけないGL突破で取材費用が当初考えていたより多くなりそうです(苦笑)。ホテルも、三戦目までしかステイの予約をしていなかったので、いまから急遽ステイの延長を交渉しているところですよ」

 しかし、予選敗退必至と見られていたU-23代表チームがどうしてベスト8まで勝ち上がることができたのか? U-23代表チームへのディープな取材で知られる、あるサッカージャーナリストはこう教えてくれた。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載