サイゾーpremium  > 特集  > スポーツ  > 【城下尊之】が五輪からテレビ局事情を分析

──熱戦の様子を伝える五輪番組では、テレビ局各局が独自のテーマソングなどを据え、他局との差別化を図っている。こうした“五輪キャスティング”のウラを追っていくと、レコード会社、芸能事務所、テレビ局の力関係などが浮き彫りとなってきた──。

TBS

1207_ill_TBS.jpg
(絵/エンライトメント)

[ジャニーズの呪縛から解き放たれる冬]

1208_hyou_tbs.jpg

■城下s コメント
中居正広くんがキャスターを務めてるんだから、テーマソングはSMAPを使わざるを得ないという流れです。ただ冬季は局の自由にできるという感じですね。マイケル・ジャクソンなんか、その当時、話題のところですし。以前は、モーニング娘。やエイベックスのアーティストを使って時代に合わせようとしていましたが、結局、中居くんとSMAPが一番良いと落ち着いた模様。

NHK

1208_ill_NHK.jpg
(絵/エンライトメント)

[ワンテンポ遅い公共放送のダサさ]

1208_hyou_nhk.jpg

■城下s コメント
NHKのテーマソングは、チョイスが旬からワンテンポズレている印象ですね。いきものがかりを起用するんだったら、10年のバンクーバーが一番良かったはず。ただ、NHKの人は、今何がはやっているのかわかっていないんだと思いますね。キャスターに関しては、NHKは局アナが余ってしまっているので活用しなくてはいけないというのと、基本的にNHKはギャラが安いので、大物はなかなか出ませんね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』