サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】ゲイと未亡人の愛憎劇?信じるはローカルな正義
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第58回

ゲイと未亡人の愛憎劇?信じるはローカルな正義

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『バーニー』

1208_machiyama.jpg

テキサス州の田舎町にある葬儀屋で働くバーニーは、人当たりがよく、地元の人々から愛される好人物。そんな彼が、地元一の嫌われ者である未亡人と付き合い始めるも、後日彼女は死体で発見される──。

監督/リチャード・リンクレイター 出演/ジャック・ブラック、シャーリー・マクレーン、マシュー・マコノヒーほか 日本での公開は未定


 テキサス州カーセイジは人口6800人。住民の多くが白人の中産階級の高齢者で、日曜日には誰もが教会に集まる静かな田舎町だ。「アメリカの最も住みやすい町」にランキングされたこともある。

 カーセイジの葬儀屋で働くバーニー・ティード(38歳)は、町一番の人気者だった。いつも笑顔で、葬儀や教会で、朗々と讃美歌を歌い、神への愛を語る。地元の劇団のスターとしてブロードウェイ・ミュージカルを踊る。老人や子どもにも優しい。

「バーニーは本当にスイート(人好きのする人物)よ」

 映画『バーニー』は劇映画だが、まるでドキュメンタリーのように、カーセイジの老人たちがバーニーの人柄を讃える。

 人気者バーニーを演じるのは、『スクール・オブ・ロック』で小学生に無理やりロックを教えるニセ教師が当たり役だったジャック・ブラック。監督も『スクール・オブ・ロック』のリチャード・リンクレイター。このコンビだから『バーニー』もコメディだ。1996年に実際に起こった殺人事件についての。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』