サイゾーpremium  > 特集  > スポーツ  > 【サイエンス・ライター】が教える"使える"ドーピング薬

──「スポーツ選手がドーピングでメダル剥奪!」と聞くとなにか遠い場所での出来事のようにも聞こえるが、実は、海外の通販サイトを使えば購入できるものもあるのだとか。さらに市販薬の中に同様の成分が入ってるものもあるのだと……。身近にあるドーピング薬とその効能を解説!

1207_kofunzai.jpg

■興奮剤(頭部)
使用は厳禁! 覚せい剤と酷似しているものも!?
【代表的な薬】カフェイン、エフェドリン

心身の疲労を忘れさせ、闘争心や学習効果を高めるとされる興奮剤。代表的なものとして、おなじみのカフェインや、化学構造が覚せい剤と酷似しているというエフェドリンが挙げられる。五輪でドーピング検査による金メダル剥奪第一号となった、72年ミュンヘン五輪アメリカ代表の競泳選手、リック・デモントは、エフェドリンで陽性に。持病の喘息を改善する気管支拡張剤に含まれていたと主張したが、例外は認められなかった。


1208_kinnikuzoukyou.jpg

■筋肉増強剤系(腕部)
脅威の脂肪融解作用で全身赤身肉に?
【代表的な薬】アナボリックステロイド、クレンブテロール

ドーピングの代名詞=ステロイドとともに、ボディビル業界で話題になっているのが「クレン(クレンブテロール)」。もともとは家畜の赤身肉を増やすための薬で、劇的な脂肪燃焼&筋肉増強効果があるという。10年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたアルベルト・コンタドールの検体から検出され、2年間の資格停止処分を受けた。「飲むと体温が0.5度上がり、皮下脂肪が毎日5ミリ減少。毒性を無視するなら、圧倒的な効果です」(クラレ氏)。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』