>   >   > 【連載】ギョーカイ(秘)座談会『音楽プロモーター』に聞く!
1208_akb.jpg
2012.6.6第4回AKB選抜総選挙で投票された総数は、11年に比べて、約22万票増となった。ちなみに、同選挙の投票権が付いたシングル「真夏のSounds good!」は出荷枚数200万枚を突破。このCD不況下において、ダブルミリオンを達成した。(写真/後藤秀二)

──あんなニュースやこんなニュースの裏側を知りたければ、まずはその当事者に直接聞いたほうが早いはず。というわけで、あんな話からこんな話まで、内部の人間だからこそ語れる激ヤバトークをコッソリご開帳いたします!

【今月のギョーカイ人】音楽プロモーター

まったくCDが売れずに四苦八苦している音楽産業にあって、好調を維持するAKB48とその関連グループ。ランキングや売り上げ、テレビ番組への露出をほぼ独占しているAKB48頼みの現状を、業界の人たちはどう見ているのか? アイドル系イベントにも携わるライターと、現役のレコード会社社員2人に、業界を取り巻く環境や現状を聞いた。

【座談会参加者】
A…アイドルライター
B…大手レコード会社音楽プロモーター
C…中堅レコード会社音楽プロモーター

A 2011年のAKB48のシングルの総売り上げは、およそ735万枚。1年間の全シングルの売り上げ枚数およそ1179万枚に対して、6割強を占めてるんですよね。

C あの初動の勢いは、ほかとは比べ物にならないですもんね。

A 握手会のためにヲタが必死で買うわけですから、強力ですよ。そうそう、最近姉妹グループのSKE48のシングルも売り上げを伸ばしていますが、あれはチームSの須田亜香里の力が大きい。彼女の握手会が話題になって、ひとりで何千枚も握手券の売り上げ……つまり、CDの売り上げを増やしてるんです。

B 個々のファンが“その子のために”投資する、というのが一番強いですからね。同じアイドルでも、東京女子流とかさくら学院は接触をさせないから、CDの売り上げも伸び悩んでるし。

C そもそも今、どこのレコード会社も、アイドル商法をせざるを得ない状況なんですよ。うちも協力してくれるアーティストに関してはやってますよ、ハイタッチとか(苦笑)。逆にやらないアーティストは、如実に売り上げが落ちてます。

A ハイタッチといえば、乙龍やゴールデンボンバーなど、ヴィジュアル系は露骨にやるようになりましたよね。タワーレコードのインストアライブでハイタッチ会をしてたり、チェキで2ショットが撮れる会とかもやったりして。さらに、最近はロッキンオン系も接触会をやり出してて、この前、ストレイテナーまでハイタッチしてましたよ(笑)。

──ちなみに、ライブの収支はどうなんでしょうか?

A 僕はアイドル系のライブイベントにも携わってるんですけど、そっちは完全に赤字ですよ(苦笑)。AKB48だって、絶対に黒字にはなっていないはず。コンサートのドキュメンタリーとかをテレビで放送させて、DVDが売れて、やっと元が取れるっていうレベルだね。

C アイドルに限らずですけど、最近、体調不良でコンサートを中止にするって話、よく聞きません? 実はあれ、全然チケットが売れなくて、やむを得ず中止にしてることが多いんです。ライブはコアファンを作る場所なので、みんな力を入れてますが、本当に客が入っているか、というとそれは別の話で。サポートミュージシャンらに支払う経費なども考えれば、あまりにチケットが売れてないと、売れた分を払い戻しして会場にキャンセル料を払うほうが、損失も少なくて済むくらいなんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』