>   >   > 【連載】ギョーカイ(秘)座談会『音楽プロモーター』に聞く!
1208_akb.jpg
2012.6.6第4回AKB選抜総選挙で投票された総数は、11年に比べて、約22万票増となった。ちなみに、同選挙の投票権が付いたシングル「真夏のSounds good!」は出荷枚数200万枚を突破。このCD不況下において、ダブルミリオンを達成した。(写真/後藤秀二)

──あんなニュースやこんなニュースの裏側を知りたければ、まずはその当事者に直接聞いたほうが早いはず。というわけで、あんな話からこんな話まで、内部の人間だからこそ語れる激ヤバトークをコッソリご開帳いたします!

【今月のギョーカイ人】音楽プロモーター

まったくCDが売れずに四苦八苦している音楽産業にあって、好調を維持するAKB48とその関連グループ。ランキングや売り上げ、テレビ番組への露出をほぼ独占しているAKB48頼みの現状を、業界の人たちはどう見ているのか? アイドル系イベントにも携わるライターと、現役のレコード会社社員2人に、業界を取り巻く環境や現状を聞いた。

【座談会参加者】
A…アイドルライター
B…大手レコード会社音楽プロモーター
C…中堅レコード会社音楽プロモーター

A 2011年のAKB48のシングルの総売り上げは、およそ735万枚。1年間の全シングルの売り上げ枚数およそ1179万枚に対して、6割強を占めてるんですよね。

C あの初動の勢いは、ほかとは比べ物にならないですもんね。

A 握手会のためにヲタが必死で買うわけですから、強力ですよ。そうそう、最近姉妹グループのSKE48のシングルも売り上げを伸ばしていますが、あれはチームSの須田亜香里の力が大きい。彼女の握手会が話題になって、ひとりで何千枚も握手券の売り上げ……つまり、CDの売り上げを増やしてるんです。

B 個々のファンが“その子のために”投資する、というのが一番強いですからね。同じアイドルでも、東京女子流とかさくら学院は接触をさせないから、CDの売り上げも伸び悩んでるし。

C そもそも今、どこのレコード会社も、アイドル商法をせざるを得ない状況なんですよ。うちも協力してくれるアーティストに関してはやってますよ、ハイタッチとか(苦笑)。逆にやらないアーティストは、如実に売り上げが落ちてます。

A ハイタッチといえば、乙龍やゴールデンボンバーなど、ヴィジュアル系は露骨にやるようになりましたよね。タワーレコードのインストアライブでハイタッチ会をしてたり、チェキで2ショットが撮れる会とかもやったりして。さらに、最近はロッキンオン系も接触会をやり出してて、この前、ストレイテナーまでハイタッチしてましたよ(笑)。

──ちなみに、ライブの収支はどうなんでしょうか?

A 僕はアイドル系のライブイベントにも携わってるんですけど、そっちは完全に赤字ですよ(苦笑)。AKB48だって、絶対に黒字にはなっていないはず。コンサートのドキュメンタリーとかをテレビで放送させて、DVDが売れて、やっと元が取れるっていうレベルだね。

C アイドルに限らずですけど、最近、体調不良でコンサートを中止にするって話、よく聞きません? 実はあれ、全然チケットが売れなくて、やむを得ず中止にしてることが多いんです。ライブはコアファンを作る場所なので、みんな力を入れてますが、本当に客が入っているか、というとそれは別の話で。サポートミュージシャンらに支払う経費なども考えれば、あまりにチケットが売れてないと、売れた分を払い戻しして会場にキャンセル料を払うほうが、損失も少なくて済むくらいなんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」