サイゾーpremium  > 特集  > スポーツ  > 五輪選手の【マネジメント事務所】が手がけるお仕事

──中田英寿と、彼を支えたサニーサイドアップの活躍以降、スポーツビジネスにおいて一気にフィーチャーされるようになったのが、アスリートのマネジメントを手がける事務所の存在だ。なでしこジャパンや競泳選手などが芸能プロや専門エージェント事務所と契約を結んでいる。競技で勝つだけでは食っていけない時代なのだ。アスリートと事務所のオイシイ関係を追う!

1208_geinou_ill1.jpg
(絵/我喜屋位瑳務)

マネジメント事務所のおシゴト【1】
知名度UPとお金のために、CM契約獲ってきます
五輪開催期間中は、五輪憲章によって定められたルールにより、代表選手はIOCとJOCのスポンサー企業のCMにしか出演できない。これを破って出演した場合には、出場資格が剥奪される。ゆえに、事務所はスポンサー企業のCMに出られるよう、大会前から働きかけを行う。あるいは、五輪で大活躍して話題になれば、大会期間後にCMが舞い込むケースも多い。それまでもCMに出演していた選手でも、ギャラの額は一挙に跳ね上がる。競技の経過を見ながら、事務所は大会後の算段をつけるのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』