>   >   > 銀メダリスト【宇津木×安藤】女性アスリートの結婚問題

──最近、なでしこJAPANの川澄奈穂美選手に同性の恋人発覚と噂されたり、オリンピックの元メダリスト有森裕子さんや田中雅美さんの離婚が発覚したりと、女性オリンピアンたちの恋愛模様が何かと騒がしい。果たして、ストイックな生活を送る彼女たちの恋愛事情とは? 元ソフトボール日本代表監督の宇津木妙子さんと、元同代表選手だった安藤美佐子さんに、今だから話せる恋バナを聞いちゃいました(ハート)

1208_andoutsugi.jpg
(写真/奥山智明)

──宇津木さんは女子ソフトボールの日本代表監督として、銀メダルを獲得した2000年のシドニー五輪、それから4年後に銅メダルを獲ったアテネ五輪でもチームを牽引されました。そして、安藤さんはシドニー五輪出場選手のおひとりで、“世界のショートストップ”という異名がつくほどの活躍ぶりを見せてくださいましたね。本日はそんなお2人に、“女性オリンピアンの恋愛と結婚”について語っていただければと思っております。

安藤美佐子(以下、) それについては監督を中心に聞いてください。私、結婚はおろか、お付き合いしている人もいないので(笑)。

宇津木妙子(以下、) 安藤をはじめ、シドニーのメンバーは、ほんとにしごいたんですよ。こんな言い方はよくないかもしれないけど、「ソフトボール界のために犠牲になってもらった」と言っても過言ではないくらい。もちろん「日本のために」という気持ちもありましたが、1番の動機は日本でソフトボールを認めてもらいたかったから。そうした思いをこの子たちにも背負わせて、結果的には銀メダルにまでつながったわけですが……それから12年たった今、計15人いたメンバーのうち結婚しているのは、ピッチャーの石川多映子とキャッチャーの山田美葉、ショートの内藤恵美に、ファーストの伊藤良恵のたった4人だけ。その現状を踏まえると、ソフトボールだけじゃなく、“女性としての生き方”の指導もしておくべきだったって思うんです。私はシドニーの2年後にさっさと結婚してしまったので、なおさら。

 まぁでも独身だからといって、今の生活に不満があるわけではないんですよ。むしろ充実感がある。これでもし「ひとりだと寂しいな」っていう気持ちがあったら、私も自然と恋愛や結婚に向けてアクションを起こしていくんだろうけど、現状は監督としての仕事でやることや考えることがたくさんあって、それで充実感を得ているからか、そんなふうに「寂しい」って思うことがない。

 基本的に監督って、選手と試合のことしか頭にないからね。私も結婚しているとはいえ、主人のことをいつも1番に考えてるかっていったら、そうじゃない。1番はソフトボールで、主人は3番目か4番目くらいだよ。

 そんなはっきり言ったら、さすがにご主人が気の毒でしょ(笑)。ちなみに監督は、もともと結婚願望はあったんですか?

 あったよ。昔の日本では“女性アスリート=結婚できなくて一生独身”というふうに見られていて、それが閉塞的に感じられて嫌だった。海外にはすでに結婚して子どももいて、なおかつスポーツも続けている女性アスリートはたくさんいたからね。だから「私はスポーツだけでなく、結婚も出産も全部クリアしたい」って気持ちがずっとあった。残念ながら、出産だけはクリアできなかったけど。

 私も意識的に結婚を避けてるわけじゃないんですけどね。ただ、それよりも最近は……私も年を取ったってことなんだろうね、選手たちがかわいくて仕方ないの。練習に向かう時も「あの子たちと遊べる!」って感覚で、練習中も楽しくしごける。あ、しごけるっていうと、なんか誤解されそうだけど(笑)。でも、練習でしんどい思いをしなければ試合で良い結果なんか出せるわけないし、だからこそ“常日頃から全力でやる”って精神を身につけてほしい。そういう気持ちがちゃんと届いてるなってわかると、不思議と愛着も湧いてくるんだよね。

──もしかしたら安藤さんの場合、女性が「子どもを産み育てたい」と思うきっかけになる母性本能が、選手たちによってある程度満たされているのかもしれませんね。そして、それも「寂しい」という気持ちを抱かない一因になっているのかも。

 今年で41歳になるので、出産するなら、もうそろそろタイムリミットですしね。それを警告するかのように、最近やたらと男の人からの連絡が増えたんですよ。30歳の時もやたらうるさかったんですけど。

──うるさいって……それは俗に言う“モテ期”というやつでは?

 いや、モテているわけではないんですよ。単に連絡が増えたってだけで。

 でも、連絡をくださる相手の方は、真剣に考えてくれてるかもしれないじゃない。まさか遊ばれてるわけじゃないでしょ?

 それは絶対ない! 私、遊ばれるの大嫌いなんで。逆に「遊んでやる」くらいの気骨はあるけど。

──遊び相手に安藤さんを選ぶような命知らず、めったにいないと思います。

 ですよね(笑)。男の人から言わせると、私みたいな女ってかなり手ごわいらしいんですよ。どう手ごわいのか、自分じゃよくわからないんですけど。

“恋人や妻にするには覚悟が必要”ってことでしょ。確かにそうだと思う。安藤だけじゃなく、シドニーのメンバーに関しては。

 うん、それはありますね。やっぱりソフトボールで勝負してきてるから、男の人に対しても「覚悟できてんのかよ」って、つい戦闘態勢を取っちゃう(笑)。ああ、それがいけないんでしょうね……。

 シドニーのメンバーはいまだにほとんど独身だけど、“ひとりで生きていく覚悟”はちゃんと持ってる。そこはえらいと思うよ。実は結婚して子どももいるけど離婚を考えている子もいて、その子も「シングルマザーでも、子どもは立派に育てる」って言ってるし。そして、そういう子に対して「仕事が忙しい時は、代わりに私が子どもの面倒見てあげるよ」と申し出る子がいたり、助け合って、支え合っている関係性は今も変わらない。メンバー同士が固い絆で結ばれているんだなぁって、はたから見てても感じる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」