>   > 【限定】アンタッチャブル柴田が「もう辞めたい」と放言!?
インタビュー
【限定】『今夜野宿になりまして』放送開始記念インタビュー

テレビレギュラー復帰のアンタッチャブル・柴田 過激な野宿ロケに「もう辞めたい!?」

+お気に入りに追加

1208_shibata01.jpg
(撮影/後藤秀二)

「ヤバいです。もう辞めたいです」。開口一番、アンタッチャブル・柴田英嗣から飛び出してきたのはいきなりの「辞めたい」宣言だ。

 柴田がレギュラー出演する自給自足バラエティ番組『今夜野宿になりまして』が7月4日のKBS京都での放送を皮切りに、全国ローカルネット8局で放送を開始した。昨年1月に無期限の活動休止期間から復帰した柴田にとって、この番組は復帰後初のTVバラエティレギュラー番組。さぞ意気込んでいるはず……とインタビューを敢行した我々に返ってきたのが冒頭のセリフだ。さすが芸人、インタビューでも笑いに貪欲だ、と感心しながら柴田を見ると、め、目が笑っていない……!

『今夜野宿になりまして』は、タイトルどおり芸人たちがさまざまな場所で野宿をして、サバイバルに挑戦するというシンプルな番組だ。サバイバルといっても、未開の土地に行くわけでもないし、野宿するのも2泊3日と短期間。取材陣は「ちょっとしたキャンプみたいなものでしょ?」などと思っていたのだが、現場は過酷そのものだという。

 取材時には、2回分の収録が行われていたそうだが、柴田は「ロケが始まって2時間くらいで辞めたくなりましたよ! ゲストで来た芸人も、普通の番組だったら『また呼んでください!』って帰るんですけど、この番組だと『ありがとうございました!』って言ってさっと撤収しましたからね。ゲストが来たがらない番組って、まずないですよ」と真顔で語る。

1208_shibata03.jpg
(撮影/後藤秀二)

 何しろ、食べるものや飲むものも全部現地調達。一応サバイバルのアドバイザーとして、『ニコニコ動画』で自給自足動画を公開しているカメ五郎氏が同行し、食べられる野草やおいしい食べ方をレクチャーしているが、柴田によれば「ぶっちゃけ野草とかおいしくないですからね! 水も川の水なんかを処理して飲むんですけど、本当にまずい」と顔をしかめる。制作スタイルも、ちょっとした休憩などを除けば基本的にカメラを回しっぱなしという、バラエティというよりドキュメンタリーに近いスタイルなのだという。
 
「『こういうことをする』って決まっている部分もありますが、基本は行き当たりばったり。俺らが苦しんでるのを見て楽しむ番組ですよ。見ても、絶対マネしちゃいけないですね。まぁ、これを見て『やろう!』と思う人はいないと思いますが」

 そんな過酷なロケとわかっていたからか、実は今回のレギュラー決定の件もかなり小出しで伝えられたという。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』