サイゾーpremium  > 特集2  > 【海猫沢めろん】が選んだ自己啓発嫌いが読むべき本

──何事につけてもやはり食わず嫌いは良くないことである。「自己啓発本なんざ読む気がしないですわ」という読者諸兄に、一度くらいは読んでみてもらいたい──ということで、ネタ半分ガチ半分で自己啓発本を数多く読み込んできた作家・海猫沢めろん氏に、嫌いな人でも読める作品を挙げてもらった。

1207_keihatsu03_umisawa.jpg
海猫沢氏の著書『ニコニコ時給800円』

 僕が自己啓発本を読み始めたのは、勤めていた会社を辞めた頃から。最初のきっかけは単純なヒマつぶしで、今までかなりの数を読みましたね。まぁ僕は成功したいわけじゃないし、「俺を論破してみやがれ!」って気持ちで読み始めるから、かなり変わった読者ではあると思うんですが。

 それでまず言いたいのは、起業家の成功ヒストリーには本当にウンザリってこと。宝くじのような体験談ばかりだから自分に当てはめられないし、みんな上から目線でムカつくんですよ(笑)。目新しさがないクセに説教臭いし、読む価値のない本ばかり。実体験を語るタイプは、その著者を信じられるかどうかで決まるわけで、もし信じるに値する著者に巡り会ったら、とことん信者になればいい。でも宗教と同じように、信じるものがある人は幸せ。それが見つからないから、みんな悩むんです。しかも自己啓発本って何十年も昔からほとんど更新されてなくて、似た内容ばかりなんです。少し中身を見ただけで「あ、あのパターンか」ってわかっちゃう。だから僕は普段から「実践できるか」と「独自性があるか」で選ぶようにしてますね。

「実践」のパターンでオススメしたいのは、勝間和代さんが翻訳をした『史上最強の人生戦略マニュアル』【1】ですね。これは人生で直面するさまざまな問題の解決法が示されていて、しかも書き込み式なので、気づくと自己分析もできてしまう。誰でも簡単にできるし、全米でベストセラーになったのも納得です。本を読み慣れていない人や、自己啓発本が嫌いな人にまず読んでほしい一冊ですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』