>   >   > ソニーとパナソニックのCMが効果を挙げな...

──では、それぞれの創業者たちは、現在のCMの状況をどう見ているのか。霊媒師の福山ていしん先生に降霊していただき、盛田昭夫氏、松下幸之助氏の本音を聞いた──。

【降霊とは】
ていしんさんの場合、降霊と言っても、霊を自分に乗り移らせて話をさせる、いわゆる「イタコ」ではなく、その場に霊を呼び寄せて会話をし、その言葉を代わりに伝えていくという方法。当日は、都内某所にて、お2人に同時にお越しいただき、思い思いにお話をしていただきました。

盛田昭夫が語るウォークマンCMへの思い

1207_morita_ill.jpg
(絵/沖 真秀)

■西野カナを降ろして ドリカムを起用すべき!

 松下さんが戦前に松下電器(現パナソニック)を創業したのに対して、私がソニーの前身である東京通信工業を設立したのは1946年。完全に後発なんです。開発分野ではテレビもラジオも松下さんに後れを取っている中、自分たちに新しく何ができるかといったら“音楽”だった。だから、製品の中でも、とりわけウォークマンには強い思い入れがあります。発売当初は販売戦略を立てられる人材が社内におらず、まったく売れなかったのですが、それから十数年かけて1億台以上売り上げた実績を作れたことは、私の誇りでもある。しかし、現世はすっかり”ポータブルAV機器といえばiPod”の時代になってしまい、わずか5年足らずでその1億円台も突破。これはもうしにたい……って、「死にたい」という意味ではありませんよ。私はもう死んでますから。相撲用語で“自力では立ち直れない状態”のことを指す「死に体」のほうです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』