連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.03

ネットで高須=在日説を広めているヤツらよ、「結構毛だらけ、猫灰だらけ」だ!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1207_takasu.jpg
橋下市長が、大阪市職員への「入れ墨禁止」を打ち出し、議論になった。私がプロデュースした「入れ墨キューピー」が大ヒットしたように、善良なキャラクターに入れ墨を入れてこそウケる。市職員は善良ならざるものという、橋下流のパラドックスだったのか。

 今年、高須クリニックのパーティでサッチー(野村沙知代)を見かけた時、「相当衰えたな」と感じた。壇上では、本来サッチーが先に挨拶して、その後「あなたも何かしゃべりなさいよ」と野村克也監督がツッコまれ、挨拶するのがいつものパターンだった。それが攻守交代。初めに監督が話し、サッチーが完全に“ボケ役”だった。

 かつて、サッチーは、野村監督とライバル的な立場にある球界のスターたちを激しく攻撃した。サッチーに言わせれば、某大物監督を始め誰も彼も気に入らない野球人はすべて「被差別民」であるという。加えて、その夫人は「万引きの常習犯」だと罵った。

 その後、私とサッチーの間にちょっとしたトラブルが発生してから、ネットで「高須は在日だ」という噂が流れた。私は在日と言われようが同和と言われようがまったく気に留めないが、一応言っておくと、同和地区出身でもないし、帰化もしていない。しかし、私がマイノリティにシンパシーを覚えていることは事実である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』