>   >   > 【社会】東京地裁労働部が"偏向"判決量産中!?
ニュース
労働者の肩身はどんどんと狭くなり……

クビ切りは企業の自由!? 東京地裁労働部が"偏向"判決量産中!?

+お気に入りに追加
1207_ns_chisai.jpg
『トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方』(日本実業出版社)

 突然の解雇や雇い止め、セクハラ/パワハラ、残業代未払いなどに遭い、会社と話してもらちが明かなかったとき、労働者が“最後の救い”を求めるのが裁判所だ。しかし、その裁判所、特に東京地方裁判所(東京地裁)で最近、「働く者のいちるの望みを断ち切るような、偏向判決が相次ぐ異常事態」(法曹関係者・A氏)が起きているという。

 まず、「日本IBM退職強要裁判」を見てみよう。同社社員の杉野憲作さんらは、2008年、経営改善の一環という名目で会社から退職強要を受けた。同時期にわずか3カ月で1500人もの同僚が、会社を去ったが、「おかしい」と思った杉野氏は同僚3人と裁判を起こした。そして11年12月28日、東京地裁労働部の渡辺和義裁判官が出した判決は、会社の横暴を容認するものであった。

 裁判で杉野氏らは、机を蹴り、ペットボトルを振り回して退職を迫るといった、上司の常軌を逸した言動を秘かに録音し、証拠として提出した。この証拠について判決は、「(会社を辞めないという)不誠実な回答に終始する原告に対する苛立ちの現れとしての軽微な動作又は癖(貧乏揺すり)にすぎなかった」とし、会社寄りとも受け取られかねない内容であった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』