>   >   > 【社会】次課長・河本だけでない生活保護問題の本質
1207_koumoto.jpg
2012.5.25 東京都新宿区にある吉本興業本社で会見する河本準一。今回の生活保護受給問題にかんしては、芸能界のみならず、政界をも巻き込む騒動にまで発展した。

「福祉の方と相談して決めたことですので、問題があるとは想像もできませんでしたが、むちゃくちゃ甘い考えだったと反省しております」

 5月25日、お笑いコンビ次長課長・河本準一は、吉本興業の開いた会見上で、苦渋の表情を浮かべながら頭を下げた。

 また5月28日には、新たにお笑いコンビキングコング・梶原雄太の母親も生活保護を受給していたことが発覚。これに対し、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーが「当社としては、やむを得ない経緯があったものと考えております」とのコメントを発表した。

 そもそも、この一連の報道は、「女性セブン」(小学館/4月26日号)が、河本の母親の件を『年収5000万円 超人気芸人「母に生活保護」仰天の言い分』と匿名で報じたのに端を発している。その後、本誌公式ニュースサイトの「日刊サイゾー」ほか、複数のメディアに実名で取り上げられ、5月2日には自民党の片山さつき議員が、同記事を「生活保護不正受給疑惑」として、厚労省に調査を依頼したことをブログで発表し、騒動が過熱する事態となった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』