>   >   > 【社会】次課長・河本だけでない生活保護問題の本質
1207_koumoto.jpg
2012.5.25 東京都新宿区にある吉本興業本社で会見する河本準一。今回の生活保護受給問題にかんしては、芸能界のみならず、政界をも巻き込む騒動にまで発展した。

「福祉の方と相談して決めたことですので、問題があるとは想像もできませんでしたが、むちゃくちゃ甘い考えだったと反省しております」

 5月25日、お笑いコンビ次長課長・河本準一は、吉本興業の開いた会見上で、苦渋の表情を浮かべながら頭を下げた。

 また5月28日には、新たにお笑いコンビキングコング・梶原雄太の母親も生活保護を受給していたことが発覚。これに対し、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーが「当社としては、やむを得ない経緯があったものと考えております」とのコメントを発表した。

 そもそも、この一連の報道は、「女性セブン」(小学館/4月26日号)が、河本の母親の件を『年収5000万円 超人気芸人「母に生活保護」仰天の言い分』と匿名で報じたのに端を発している。その後、本誌公式ニュースサイトの「日刊サイゾー」ほか、複数のメディアに実名で取り上げられ、5月2日には自民党の片山さつき議員が、同記事を「生活保護不正受給疑惑」として、厚労省に調査を依頼したことをブログで発表し、騒動が過熱する事態となった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【磯部涼/川崎】スケボーが創り出すもうひとつの川崎2016.7.28
  4. 4「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  5. 5【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  6. 6『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  7. 7かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  8. 8京都における光と影──伝統を支えたのは在日朝鮮人? 京が誇る友禅染と西陣織の裏面史2016.7.27
  9. 9【ビートたけし不定期連載】あのホテルが舛添効果で「ホテル満月」に改称 !?  猪瀬直樹よ、お前が言うなっつーの2016.7.27
  10. 10【哲学入門】英国がEU離脱を選択した背景には「主権は国民のもとにあるべきだ」という主張が根強くある2016.7.27
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載