サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【藤原ヒロシ】が語るソニーの革新性
第1特集
"原宿系クリエイター"が愛したソニー&パナ製品【1】

DJ・藤原ヒロシはかく語りき「初代ウォークマンは商業音楽の在り方をも変えたと思う」

+お気に入りに追加

──サイゾーだってオシャレになりたい。サブカル誌だって言われるのはもうイヤだ!!というわけで、日本一のおしゃれエリア、原宿に事務所を構える、むしろ「ブルータス」に出ておられるほうが自然なくらいの3氏に、「愛着のあるソニー製品・パナソニック製品」についてお聞きしてきました!!

1207_fujiwara.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

──愛着のあるソニー製品、パナソニック製品というと……。

藤原ヒロシ(以下、) ソニーについては、愛着とか思い入れといった以前に、オーディオやビジュアル関連の機器についてはほとんどソニー製品しか買ったことがないんですよ。思い出もいっぱいありすぎて、どれを選んでいいかわからないんですが、強いて挙げるとしたら……ひとつはやっぱりウォークマンかな。ウォークマンは、1号機発売の時に買いました。

──それはいくつ頃の話ですか?

 1979年だから、ちょうど中学生の頃ですね。当時は音楽をヘッドホンで聴く習慣なんてなくて、ましてや外でヘッドホンをしている人もいないので、初めて「ポパイ」(マガジンハウス)で見た時も、「何?」っていう印象でした。でも年上の友達に聴かせてもらって「ステレオってすごいんだ」ってことがわかって、僕もすぐに買ったんです。

──初号機のTPS-L2は3万3000円だったようですから、中学生にしては高価な買い物ですね。

 親に買ってもらったんでしょうね。当時は家電量販店もなかったので、家の近所の電器屋さんで注文して。

──実際に入手されて、何か生活は変わりましたか?

 音楽を聴くシーンが増えましたよね。それまでは家のスピーカーで聴いていただけだったのが、「ステレオヘッドホンで聴く」「移動中に聴く」と、リスニングスタイルが増えた。それによって、音楽がBGMになったんですよね。ある意味、ウォークマンが商業音楽にもたらした影響も少なからずあると思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』