>   > 哲学者【萱野稔人】が語る禁煙ブームの本質

──ここまでは行政の規制のあり方から禁煙・嫌煙ブームを検証してきたが、その本質はどこにあるのだろうか?本誌連載陣のひとりでもある、津田塾大学准教授の萱野稔人氏が解説する。

1206_az_tabako_kayano.jpg
萱野稔人氏の著書『新・現代思想講義ナショナリズムは悪なのか』

 まず、個人的な話から始めましょう。

 私がタバコをやめたのは今から15年前の1997年、フランス留学時代のことです。実は、それまでもタバコをやめようと何度かトライしたんですが、当時の日本ではまだまだ喫煙者が多数派で、「禁煙をしている」なんて言うと、周りから「何バカなことしてるんだ」とタバコを勧められたりして、なかなかやめられませんでした。タバコの値段も高く、勧めてくる人間もいないフランスで、私はやっとタバコをやめることができたんです。

 その頃と比べると、タバコをめぐる日本社会の状況は大きく変わりましたね。厚生労働省のデータ『国民健康栄養調査、成人喫煙率』を見ると、男性の場合、96~97年には50%を超えていた喫煙率が、この頃から減少トレンドに移行し、99年には50%を切るようになります。そして05年には40%を切り、09年の調査では、男性38・9%、女性11・9%、全体では25・4%となりました。

 今では、酒の席でタバコを勧めてくる人もいなくなったどころか、喫煙者自体が少数派に転じてしまいました。少数派に転じたことで立場も弱くなり、政治の場でもタバコの増税などをめぐって強い声を発することができなくなっています。この傾向は今後強まることはあっても弱まることはなく、喫煙者の立場はどんどん悪くなっていくでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』