サイゾーpremium  > 特集2  > タバコと喫煙をめぐる【規制と現状】
第2特集
禁煙、嫌煙ブームの正体【2】

喫煙率は半世紀前の半分以下に減少!? データから見るタバコと喫煙をめぐる規制と現状

+お気に入りに追加

──本稿では、たばこをめぐる規制の是非とその展望について述べたが、当欄では「喫煙率」「販売量」「販売価格」の推移など、各所からのデータから規制を見てみたい。

■タバコ販売数量と販売代金
社団法人日本たばこ協会調べ(2010年時点)。大増税&大幅値上げが行われた2010年には販売代金も3.5兆円にまで減少したが、翌年からは再び4兆円台に回復。当然ながら、値上げされた分は末端の喫煙者が担っている。

1206_daikin.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

■日本の喫煙率の推移
JT全国喫煙率調査より。1965年以降、減少を続けており、2011年現在での男女合計の喫煙率は約21%。なお主要な先進国ではロシアが43.4%と最も高く、フランス24.7%、ドイツ23.0%、アメリカ16.7%となっている(いずれも2010年の数値)。

1206_kitsuenritsu.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス