>   >   > 【アムウェイ】にハマる危険性

──今ではHPなどでも“合法”であることをアピールし、過去のイメージからの脱却を図るアムウェイ社。しかし、「その本質は変わっていない」と、専門家は語る──。

1206_amwey_honsha.jpg
NHK本社前に堂々とそびえ立つ日本アムウェイ本社。渋谷区民の、災害時の避難所にもなっているとか。

 私は1998年に、アムウェイビジネスによる被害者や弁護士の方々と一緒に「アムウェイ問題を〈被害者と共に〉考える会」を結成しました。それを発起するきっかけとなったのは、友人から「息子が会社を辞めてアムウェイビジネスを始めた。いくら説得しても聞く耳を持たないので、助けてほしい」と頼まれ、いろいろと調べていくうちに「確かにこれは問題がある」と感じたからです。

 まずはアムウェイビジネスの実態を知りたいと思い、私は友人の息子を介してアムウェイの会員になって、実際に会員が大勢集まる系列の“集会”にも何度か足を運びました。そこで何が行われていたかというと、「ピンレベル」と呼ばれるトップランクの会員が壇上に立ち、「どうやったらアムウェイビジネスを世間の人々に伝えることができるか」といったことについて語るんです。そして、アムウェイ社の洗剤や鍋、化粧品などについて「アムウェイの製品はこんなに素晴らしい」と説き、会員たちに「製品の良さをより多くの人に伝えるには、まずは自分たちが良さを実感しなければ。身の回りの物をアムウェイの製品に替えよう。“ブランドチェンジ”しよう」と訴えかける。その集会後には、グループ毎にわかれて実際に製品の販売も行われ、会員たちが購入すると、「ブランドチェンジしよう」と訴えたピンレベルの懐に売り上げのマージンが入る。この図式からも明らかなように、上位の会員が得る利益というのは、下位の会員の消費や売り上げに依存して成り立っているんですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』