>   >   > 本当に働きたい【芸能プロ】はどこ?

──大手から中堅まで、男女5人の芸能マネージャーが集結。給与、勤務時間、仕事量、抱えているタレントの質、芸能界における力の発揮しやすさ、さまざまな観点から「オレらが本当に働きたい芸能プロ」「本当に働きたくない芸能プロ」を徹底検証!!

[座談会参加者]
A…中堅プロダクションマネージャー
B…大手プロダクションマネージャー
C…中堅プロダクションマネージャー
D…小規模プロダクション代表
E…大手プロダクションマネージャー

1206_az_geinou.jpg
『武井咲写真集「PLUMERIA」』(小学館)

 芸能マネージャーにとって、働きやすい会社とはどんなところだろうか? 売れっ子を多数抱えている大手事務所か、それとも小規模で家族的な事務所か。やはり芸能界のドンがいるあの事務所か……? 素人から見ると、大手芸能プロのほうが給料も高く、いい仕事がたくさん舞い込んでくるのではないかと思われるが、実際はそうとは限らないようだ。現役マネージャーが選んだイチオシ芸能プロは、実はあの会社だった!

A 私が嫌いな事務所は、上戸彩や米倉涼子らが所属するオスカープロモーションだな。とにかく、古賀誠一社長が自分のお気に入りをゴリ押ししている印象がある。マネージャーも、社長に気に入られないとすぐに配置替えされるという噂だし。社長の言うことは絶対だから、下の人間は大変だと思うな。

B 武井咲のプッシュの仕方はすごいよね。確かに彼女は逸材。あんなに無理やり仕事を入れられても、消耗しないなんてすごいよ。とはいっても、あの売り方はオスカーならでは。たとえば中谷美紀や竹内結子ら多くの女優を抱えるスターダストプロモーションだったら、逆に露出を控えて希少性を高める……なんて方向でいくんだろうけど。

C スターダストといえば、ももクロ(ももいろクローバーZ)の人気が沸騰してるね。その割にはあのユニット、ビジネス的にそこまでうまくいってるわけじゃないって聞いたことがあるんだけど、実際はどうなんだろう? スターダストの細野義朗社長は元オスカー。業界では、石を投げれば元オスカーに当たる。底辺からトップまで、オスカー出身者は多いよね。

D スターダストは、以前はオスカー同様ワンマンっぽい印象があったけど、最近はそうでもないな。各部署のチーフマネージャーが、すごくしっかりしているイメージがある。なにせももクロなんて、細野社長のあの古い感性からは絶対に出てこないでしょ(笑)。

E 吉本興業はどう? 夜中の2時から会議、なんてことが普通にあって、ビックリするよね。マネージャーひとりで10人近くの人気タレントを担当しているなんてざらだから、各タレントの現場に来るなんて基本的にないんだけど、それでもめちゃくちゃ大変そう。あまりの激務に、すぐ辞めるマネージャーも多いよね。

D 激務でも、「ノウハウを学んで独立する」とか、目標を見つけてモチベーションが保てればいいんだろうけどね。なんせこの業界、新陳代謝が働きにくい。老舗プロは、もっと若い力を生かせるように、解体して世代交代したほうがいいと思う。氷川きよしらが所属する演歌系芸能プロ・長良プロダクションの長良じゅん会長が先日亡くなったから言うわけじゃないけど、こういった芸能界の黒幕たちが亡くならないと新陳代謝が起こらないなんて、業界としてちょっとおかしいと思うな。

C 老舗プロといえば、中山秀征、ネプチューンらが所属するナベプロ(ワタナベエンターテインメント)も嫌い。ナベプロを辞めたある社員は、渡辺ミキ社長から「1年間はこの業界で働くな」ってキツく注意されたらしいよ。さらに1年後、別の事務所に入社するときは、必ず社長に報告して筋を通せと。それでも社長が裏で「入社させるな」なんて手を回すこともあるとか。そこまでするのは、自社のノウハウや情報がバレるのがイヤだから。自分のところだって他社から経験者を引き抜いてきているのに、ひどい話だよ。

E 僕が新卒でナベプロを受けた時、「新入社員は3年間は契約社員」と言われて驚いた。3年も正社員になれないなんて……と、受けるのを辞めたよ。

D 最大手だって100人かそこらの規模の会社がせいぜいのこの業界で、新卒をバンバン採用しているってことは、それだけ辞めていく人も多いということ。有名プロ、老舗プロだから働きやすいってわけでもないんだよね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』