サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【白戸家CMの最終回】を勝手に予想!

──2011年、史上初の5年連続CM好感度No.1を獲得したソフトバンク。そのメインCMのひとつが、上戸彩らが出演する、白戸家シリーズだ。日本史上最長の放送時間を記録するなど、話題を呼び続ける同CMはこれからどんな展開になっていくのか……映画監督の飯塚健氏に、最終回を夢想していただいた──。※なお、本編はソフトバンク社の白戸家CMとは、一切関係ありません。ですが、孫さん、ぜひご検討を!

1205_ueto.jpg
【1】「子どもに携帯を持たせよう!」というキャンペーン時のひとコマ。アヤは「まだまだ子ども」だからと、毎日職場に来る父に、「もう子どもじゃないもん!」と言わんばかりの表情。まだまだアヤちゃんの思春期は、実際続いているのかも?

[あらすじ] 北海道犬である父・次郎、樋口可南子演じる美しい母・マサコ、上戸彩演じる娘・アヤ、ダンテ・カーヴァー演じる兄・小次郎という、4人家族の白戸家。高校教師であり、なぜか犬になってしまった父と、その勤務校の校長を務める母、ソフトバンクショップ店員のアヤに、ある日突然黒人になってしまった兄──それぞれがさまざまな思いを抱えて過ごす中、アヤの“結婚”話が持ち上がる。複雑な思いをめぐらせる父。結婚式の前日、父の誕生日に、家族は、父は何を思うのか──。

最近、身に覚えのない痛みが増えた。心も躰も、どちらもだ。良質なドキュメンタリーを見たのならまだしも、安易な狙いが透けた映画に触れても、素直に涙を捧げてしまう。弱くなった涙腺に、俺の感性こんなに安かったっけな、とふと思う。

 二十歳の自分が五十歳の自分を見たら、なんて言うだろうか。ダサくなりやがって、と笑うだろうか。なぜ犬の姿をしてるんだ、と驚くだろうか。

 こんなはずじゃなかった、なんてことはまるでない。上出来だと思う。俺は幸せだぜ、たとえ犬でも、と二十歳の自分に胸だって張れる。涙腺の緩みは、その証拠だ。

 それでも、隙ができる時はある。隙間の「間」だ。「魔が差す」は「間が刺す」と書いてもいい気がする。ひとりで酒を飲んでいる時、仕事に煮詰まっている時、或いは後輩たちの悩みを聞いている時、映画や小説に感動を覚えた時、そのほかさまざまな瞬間に、「もしも」を考えてしまう。

 もしもあの時、違う選択をしていたら──。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論