>   >   > 【白戸家CMの最終回】を勝手に予想!

──2011年、史上初の5年連続CM好感度No.1を獲得したソフトバンク。そのメインCMのひとつが、上戸彩らが出演する、白戸家シリーズだ。日本史上最長の放送時間を記録するなど、話題を呼び続ける同CMはこれからどんな展開になっていくのか……映画監督の飯塚健氏に、最終回を夢想していただいた──。※なお、本編はソフトバンク社の白戸家CMとは、一切関係ありません。ですが、孫さん、ぜひご検討を!

1205_ueto.jpg
【1】「子どもに携帯を持たせよう!」というキャンペーン時のひとコマ。アヤは「まだまだ子ども」だからと、毎日職場に来る父に、「もう子どもじゃないもん!」と言わんばかりの表情。まだまだアヤちゃんの思春期は、実際続いているのかも?

[あらすじ] 北海道犬である父・次郎、樋口可南子演じる美しい母・マサコ、上戸彩演じる娘・アヤ、ダンテ・カーヴァー演じる兄・小次郎という、4人家族の白戸家。高校教師であり、なぜか犬になってしまった父と、その勤務校の校長を務める母、ソフトバンクショップ店員のアヤに、ある日突然黒人になってしまった兄──それぞれがさまざまな思いを抱えて過ごす中、アヤの“結婚”話が持ち上がる。複雑な思いをめぐらせる父。結婚式の前日、父の誕生日に、家族は、父は何を思うのか──。

最近、身に覚えのない痛みが増えた。心も躰も、どちらもだ。良質なドキュメンタリーを見たのならまだしも、安易な狙いが透けた映画に触れても、素直に涙を捧げてしまう。弱くなった涙腺に、俺の感性こんなに安かったっけな、とふと思う。

 二十歳の自分が五十歳の自分を見たら、なんて言うだろうか。ダサくなりやがって、と笑うだろうか。なぜ犬の姿をしてるんだ、と驚くだろうか。

 こんなはずじゃなかった、なんてことはまるでない。上出来だと思う。俺は幸せだぜ、たとえ犬でも、と二十歳の自分に胸だって張れる。涙腺の緩みは、その証拠だ。

 それでも、隙ができる時はある。隙間の「間」だ。「魔が差す」は「間が刺す」と書いてもいい気がする。ひとりで酒を飲んでいる時、仕事に煮詰まっている時、或いは後輩たちの悩みを聞いている時、映画や小説に感動を覚えた時、そのほかさまざまな瞬間に、「もしも」を考えてしまう。

 もしもあの時、違う選択をしていたら──。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』