サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 良好すぎるソフトバンクCMの【費用対効果】

──広くお茶の間に知られるところとなったソフトバンクのCM。さぞかし莫大なお金をかけて投下されている……と思いきや、実はここ数年、広告費はドコモやauよりもお安い計算になっていた。費用対効果バツグンの広告戦略の陰にもやはり、同社の特徴であるトップダウンの力が働いていた──。

1205_sendenhi.jpg
『有力企業の広告宣伝費』 2011年版(日経広告研究所)より作成。単位は億円。04年度、05年度のソフトバンクモバイル社はボーダフォンのこと。ソフトバンクモバイルについては、06年度から07年度の落ち込みが目立つが、これは前年まで広告宣伝費に含めていた販促費を分けたことに起因している。つまり、モバイル事業参入当初から、実際の広告宣伝費はかなり抑えめだったと推測できる。過去には批判を受けて放映を取りやめたCMもあったが、これなら損害額も少なめだったのだろうか。

 2011年12月、民間シンクタンク・CM総合研究所が、同年のCM好感度ランキングを発表。ソフトバンクモバイルがライバル・NTTドコモ(3位)とau(4位)を抑えて、5年連続の第1位に輝いた。その立役者はなんといっても「白戸家」シリーズ。お父さん犬を中心としたあの家族が、お茶の間にお目見えしたのは07年。白戸家登場と共に、ソフトバンクはCM界の王者に君臨することとなった計算だ。

 当然、この好感度に比例して巷の白戸家人気も高く、あるソフトバンク社員によると、昨冬、のりかえ割(他キャリアからソフトバンクモバイルに乗り換えると最大15カ月の基本使用料が無料になるプラン)契約者全員に「お父さん湯のみ」を配布するキャンペーンを展開したところ、ショップによっては湯のみが品薄になる事態になったという。また、販売店・代理店向けにソフトバンクが運営するキャンペーングッズの卸サイト「ホークスノベルティーセンター」では「お父さんプチタオル」と「お父さんお弁当箱」が常に品薄状態であることが見てとれる。CMで見たグッズ目当てに販売店を訪れるユーザーは、意外なくらい多いと販売の現場に立つ社員は言う。

 ブラッド・ピットやキャメロン・ディアスなどのハリウッドスターをキャスティングし、スパイク・ジョーンズやデヴィッド・フィンチャーら個性派映画監督を起用するなど(ページ下ボックス内参照)、06年のサービス開始当初より、ソフトバンクモバイルには「CM戦略のうまい会社」「おもしろいCMを作る会社」というイメージが業界内外にあったはずだ。そのイメージ通り、白戸家シリーズ(07年6月~)、SMAPシリーズ(09年8月~)と、打ち出すCMは常に話題になっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』