>   >   > 良好すぎるソフトバンクCMの【費用対効果】

──広くお茶の間に知られるところとなったソフトバンクのCM。さぞかし莫大なお金をかけて投下されている……と思いきや、実はここ数年、広告費はドコモやauよりもお安い計算になっていた。費用対効果バツグンの広告戦略の陰にもやはり、同社の特徴であるトップダウンの力が働いていた──。

1205_sendenhi.jpg
『有力企業の広告宣伝費』 2011年版(日経広告研究所)より作成。単位は億円。04年度、05年度のソフトバンクモバイル社はボーダフォンのこと。ソフトバンクモバイルについては、06年度から07年度の落ち込みが目立つが、これは前年まで広告宣伝費に含めていた販促費を分けたことに起因している。つまり、モバイル事業参入当初から、実際の広告宣伝費はかなり抑えめだったと推測できる。過去には批判を受けて放映を取りやめたCMもあったが、これなら損害額も少なめだったのだろうか。

 2011年12月、民間シンクタンク・CM総合研究所が、同年のCM好感度ランキングを発表。ソフトバンクモバイルがライバル・NTTドコモ(3位)とau(4位)を抑えて、5年連続の第1位に輝いた。その立役者はなんといっても「白戸家」シリーズ。お父さん犬を中心としたあの家族が、お茶の間にお目見えしたのは07年。白戸家登場と共に、ソフトバンクはCM界の王者に君臨することとなった計算だ。

 当然、この好感度に比例して巷の白戸家人気も高く、あるソフトバンク社員によると、昨冬、のりかえ割(他キャリアからソフトバンクモバイルに乗り換えると最大15カ月の基本使用料が無料になるプラン)契約者全員に「お父さん湯のみ」を配布するキャンペーンを展開したところ、ショップによっては湯のみが品薄になる事態になったという。また、販売店・代理店向けにソフトバンクが運営するキャンペーングッズの卸サイト「ホークスノベルティーセンター」では「お父さんプチタオル」と「お父さんお弁当箱」が常に品薄状態であることが見てとれる。CMで見たグッズ目当てに販売店を訪れるユーザーは、意外なくらい多いと販売の現場に立つ社員は言う。

 ブラッド・ピットやキャメロン・ディアスなどのハリウッドスターをキャスティングし、スパイク・ジョーンズやデヴィッド・フィンチャーら個性派映画監督を起用するなど(ページ下ボックス内参照)、06年のサービス開始当初より、ソフトバンクモバイルには「CM戦略のうまい会社」「おもしろいCMを作る会社」というイメージが業界内外にあったはずだ。そのイメージ通り、白戸家シリーズ(07年6月~)、SMAPシリーズ(09年8月~)と、打ち出すCMは常に話題になっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』