>   >   > 【連載】「宇野常寛の批評のブルーオーシャン」第24回
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第24回

ポスト・前田敦子のAKB48

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

201205_uno.jpg
『マジすか学園2』

 3月25日、さいたまスーパーアリーナで行われた3日連続コンサートの最終日、AKB48の前田敦子が同グループからの「卒業」を宣言した。創設時からAKB48の「不動のセンター」として活躍してきた前田の「卒業」は、一大ニュースとして全国を駆け巡った。

 予感はあった。2011年に放映されたメンバー総出演のドラマ『マジすか学園2』(テレビ東京)の最終回は、カリスマ的存在として学園に君臨する前田敦子が警察に逮捕されてひとり去っていくのをほかのメンバーが見送るというシーンで幕を閉じた。この物語は、20歳を超えた前田たち初期主力メンバーの「卒業」の日が近いことを、ファンたちに否応なく意識させた。また、今年2月に発売された新曲「GIVE ME FIVE!」は「卒業」というテーマが前面に押し出されている。「卒業とは出口じゃなく入り口」という秋元康がこの曲に与えた歌詞は、時期的に考えても前田の「卒業」を意識したものであり、そして同シングル(Aタイプ)のカップリング曲「NEW SHIP」は、新世代にフィーチャーした編成と内容に仕上がっていた。コンサート2日目にはSKE48のエース・松井珠理奈のAKB48・チームKへの期間限定「移籍」が発表された。これも今考えるとこの上なく明確な「伏線」だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』