>   >   > 【東京新聞論説副主幹・長谷川幸洋】が語る孫正義

1205_hasegawa.jpg

東京新聞(中日新聞)論説副主幹
長谷川幸洋(たかはし・よういち)
1953年生まれ。慶應義塾大学卒。東京新聞(中日新聞)論説副主幹。政府税制調査委員などを歴任。『官邸敗北』『日本国の正体』(共に講談社)などで政官の実態を赤裸々に描いている。

[ソフトバンクと孫正義の評価]
【○】政商との批判があるが、政治の動きを見て、そこに乗ってビジネスを展開するのは企業人として当然のことだ。
【×】”30年後には紙の本がなくなる”という持論に関しては、いささか極端に過ぎるように思う。紙と電子書籍は併存していくのでは。

■官僚や新聞記者の生態を赤裸々に暴く、今、最も注目を集める異色の論説委員が語る、孫正義の原点。

 孫正義氏が自然エネルギー事業の推進を打ち出していることなどに対して、「政商である」などといって批判する人がいるようですが、その批判は立脚している前提自体が不確かなものだと言わざるを得ません。つまり、「政商」とはなんなのか、ということ自体からよくわからない。「政商」と言ったって、何を指すのか自体がよくわからないし、それが批判になっているのかどうかも理解できません。政治と経済が密接に絡み合っていることは自明の理です。政治とのつながりで自分が得する既得権益を守ろうとか、自分だけに利益を誘導しようというならまだしも、政治が決めた枠組みの中で民間の企業人が活動することは普通のこと。一般的にいえば、政界や経済界、さらにはマスコミも互いに密接な関係を持っているのは確かです。原発事故も政と官、業界、学会それに報道が互いにもたれあった五角形の関係に遠因があったということもできます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』