>   >   > 【カレル・ヴァン・ウォルフレン】が語る孫正義

1205_karel.jpg

ジャーナリスト
カレル・ヴァン・ウォルフレン
1941年、アムステルダム生まれ。ジャーナリスト、アムステルダム大学名誉教授。90年、『日本 権力構造の謎』(ハヤカワ文庫NF)、94年、『人間を幸福にしない日本というシステム』(新潮OH!文庫)が話題に。最新刊に『日本を追い込む5つの罠』(角川oneテーマ21)がある。

[ソフトバンクと孫正義の評価]
【○】世界的な経済誌でも「NTT独占を打破した人物」として紹介される孫氏は原子力ムラの独占をも打破しようとしている。
【×】なし。

■国際的ジャーナリストがグローバル視点で見たカリスマの本質とは?

 私は最新刊の『日本を追い込む5つの罠』(角川oneテーマ21)の中で、TPP、財政緊縮、原発、沖縄、国民の無関心という5つの問題に潜む罠を取り上げました。中でも原発問題に潜む罠は「多種多様な再生可能エネルギー供給源があるにもかかわらず、原子力発電を今後も推進し続けること」だと指摘しました。

 この計画を推進すれば、どのような弊害が生じるか、その危険性について、3・11の大震災によって発生した福島第一原発の事故で多くの国民は認識し、彼らは再稼動を望んでいません。(新潟県の柏崎刈羽原子力発電所6号機が定期検査に入り)東電の原発すべてが運転を停止していますが、このまま再稼働せずに脱原発の道を進むと期待する人も多いようです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー