>   >   > ソフトバンクの【借金と使い捨て人脈】の系譜

──ソフトバンク株式会社。数多くの世界的企業がひしめき合う日本の経済界の中でも、これほど評価の難しい企業はない。持ち株会社たる同社のもと、ケータイ事業を担うソフトバンクモバイルなど100超の連結子会社を持ち、さらに「ヤフージャパン」を運営するヤフー株式会社などのグループ企業も70超。そしてその頂点に君臨するのが、創業者でもある孫正義代表取締役社長、その人だ。

1205_rekishi.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
買収する度に増える借金でまさに綱渡り経営!?株価・売上高・有利子負債で振り返る、ソフトバンク栄光の歴史。

買収によって事業を拡大し続けてきたソフトバンク。同社のそんな歴史を、株価・売上高・有利子負債(≒借金)と共に見てみよう。

 1990年代中盤のインターネットブームの頃から同社は、この孫正義氏の言動と共に常に話題を提供し、注目され続けてきた。そのアグレッシブな経営姿勢が称賛を浴びる一方で、自社の利益のため、時に欺瞞とも取れるような強引なロジックを振り回してライバル企業や国を攻撃するその姿に反発する者も多い。そして、ほかに類を見ない巨額な負債を抱えての経営には、常に破綻の噂もつきまとってきた。だが、数々の苦難を乗り越えて、れっきとした大企業として今も存続していることは、紛れもない事実なのである。

 そして、今。ソフトバンクは、さらなる活発な動きを見せ、世間の注目を集め続けている。特に注目すべきは、自然エネルギー事業への参入だろう。ビジネスチャンスに乗じて節操がないようにも見えるが、振り返って見ればそもそも同社は、そうした節操のなさで事業を拡大してきたといっても過言ではない。そしてその歴史は、孫正義氏が新たな人脈を掴み、活用し続けててきた歴史でもある。そこでまずは、ソフトバンクの歴史を右上の年表と共に振り返ってみよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』