>   > ラジオパーソナリティー・小島慶子が選出 ...
第1特集
2010年話題の賢人がセレクトするタブー破りの本300冊【6】

ラジオパーソナリティー・小島慶子が選出 柳美里の壮絶な過去を知る暴露本

+お気に入りに追加

──批評家による禁断のアーティスト本、大宅賞作家が選んだ禁忌な一冊、さらには、ネット発のカリスマバンドメンバーから人気グラビアアイドルまで、今年の賢人たちが選んだヤバい本を一気にレビュー!

bs_kenzin_16.jpg
小島慶子(こじま・けいこ)
72年生まれ。ラジオパーソナリティー。95年TBS入社、99年第36回ギャラクシーDJパーソナリティー賞受賞。テレビでは『時事放談』などを担当した。10年7月よりフリー。TBSラジオ『小島慶子 キラ☆キラ』などで活躍中。

■家族だからこそ言えない秘密がある 人気女流作家による衝撃の暴露本

 今年の7月にフリーになって以降、何げなく手に取ったのが柳美里さんのノンフィクション『ファミリー・シークレット』【11】。局アナ時代、柳さん原作の映画『命』の製作発表会でご一緒したこともあり、興味を引かれたんです。

 この作品は、柳さんが中学生の頃から繰り返していた自殺未遂と家出、うつ病、実父から受けた虐待、自身の息子を愛していても、しつけと教育上、思わず手を上げてしまうという悩みなどを赤裸々に語っていますが、これは本当に勇気のあることだと思います。一読、重たく感じるテーマですが、同じようなつらい経験をされている方も沢山いらっしゃるはずですから。私が共感したのは、幼い頃から父親と確執がある彼女が、臨床心理士と3人でカウンセリングを行うくだりです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』