サイゾーpremium  > 特集2  > ミシュランだけじゃない! 食肉、マラソン...

──昨今話題に上がる"格付け"の多くは、投資家向け。私たちの生活に直結するものではない。では、我々が活用できる"格付け"にはどんなものがあるのか?ここでは、独立行政法人など、特定の団体が定める格付けの中で、実生活に役立ちそうなもの、変わった格付けなどをピックアップしてみた。

1203_2toku03.jpg
『ものごとの「格付け」事典』(日本実業出版社)。

 これまでは、金融庁の指定格付け機関とその役割について見てきた。こうした格付けは、投資家などを中心に活用されているが、国債投資など無縁、という人も多いのでは? とはいえ、格付けは投資家だけのものではない! ここでは、我々の生活にも関係するかもしれない格付けを紹介しよう。

 まず、生活の中に入り込んだ〈金融商品〉といえば「生命保険」。「生命保険格付協会」では、各生命保険会社を財務内容や支払いトラブル率、販売員の質などから多角的に検証。そのほか、各保険サービス、保険代理店に至るまで格付けを実施しており、保険選びの強い味方となるだろう。また「日本不動産格付株式会社」は「不動産」を、「AIゴルフ総研」では「ゴルフ会員権」の格付けを行っており、こちらは主に資産価値の判定に利用されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載