>   > 現役高校教師・河合敦氏が語る歴史教育──...
第1特集
"日本史改革"を叫ぶアツき漢たち【3】

現役高校教師・河合敦氏が語る歴史教育──「歴史の変化」は入試を変えるか?

+お気に入りに追加

──昨今の歴史学説の変化は、大学入試にどのような影響を与えているのか?最新のセンター試験問題を、歴史研究家にして現役高校教師でもある河合敦氏が徹底レビュー!!

1203_mondai.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
図Aは、11年度のセンター試験「日本史A」の問題より。「センター試験にゴジラが登場!」と話題になった。図Bは、08年度のセンター試験「日本史B」の問題より。歴史の知識のみならず、古文の知識も要求される。

大学入試センター試験に関していうと、特に原始・古代の分野で顕著ですが、研究や技術の進展によって定説が変わったり、揺らいだりしている部分については出題を避ける傾向が強いですね。実際、ここ2~3年は特に原始に関する設問はほとんどなく、センター試験の受験テクニックとしては「旧石器時代はほぼスルーでいいよ」と教えています。

 反対に、近年のセンター試験は近現代史重視で、従来はせいぜい70年代のオイルショック止まりだったのが、ついに11年度の「日本史A」では、大正から平成にかけての家庭における情報受容の状況に関する問題として「1990年代にはパソコンが急激に普及し、家庭における通信や情報収集にも用いられるようになった」という一文まで登場しました。高校時代、授業時間が足りずに昭和以降を教えてもらえないのが普通だった僕ら世代からすると、図Aのように、『ゴジラ』や『鉄腕アトム』のような近年の娯楽が立派な歴史の問題として出題されるというのにはやや違和感がありますが、これは学界からの要請ではなく、学習指導要領で近現代重視の方針を打ち出した文部科学省の意向だと思います。その背景には、「縄文時代なんかより、現代に近い時代の歴史のほうが実生活や将来に生かしやすいだろう、今がどう形成されたかがわかるだろう」という国の認識があるわけです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』