サイゾーpremium  > 特集  > 生物学者・長沼毅vsサイエンスライター・...
第1特集
科学界のインディ・ジョーンズがサラリーマン学者に喝!

生物学者・長沼毅vsサイエンスライター・植木不等式──「地球外生命体はすぐそこにいる!?」

+お気に入りに追加

──味のある科学者がリーマン研究者に埋もれてしまった日本の科学界では、宇宙や生命の謎を解き明かせない?研究所を飛び出し、地球を回り続ける生物学界のインディ・ジョーンズと、ユニークな視点で科学と非科学のはざまに切り込むサイエンスライターが、21世紀の科学革命に迫る!

1203_kagaku_tobira.jpg
(写真/田中まこと)

植木不等式(以下、植木) 先生は、地球生命の起源が宇宙から来たという、いわゆるパンスペルミア説を支持されていますよね。個人的には、この説を唱える人は変人揃いというイメージなのですが(笑)、支持される理由を教えていただけますか?

長沼毅(以下、長沼) 地球起源説もパンスペルミア説も、厳密に評価すると、現状ではどちらともいえないはずなんです。にもかかわらず、「地球のことは地球で」という人たちが主流派を占めていて、それ以外の可能性に言及しないどころか、ほとんど「生命が地球外から来るなんてありえない」という感情論で排除している。それに対して僕は「合理的に、理性的に話し合おうよ」と言いたいので、あえてパンスペルミア説のほうを支持しているんですよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論