>   >   > 東京電力は法で裁かれるのか?原発訴訟に見...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第63回

東京電力は法で裁かれるのか?原発訴訟に見る司法の責任【後編】

+お気に入りに追加

【前編はこちら】

【中編はこちら】

3・11以降、原発訴訟はどのように変わるのか?

神保 続いて、福島第一原発事故を予見するかのような議論が交わされた、浜岡原発訴訟について伺いたいと思います。あらためて争点を簡単に教えてください。

海渡 浜岡原発は静岡県の御前崎市にあります。原子炉が震源とされるプレート境界面の真上にあり、少なくともM8以上の「東海地震」に見舞われる危険性が認められていた。そんな場所で、僕らが訴訟を起こした03年当時は4基、現在は5基の原発が稼働しています。そこで、静岡県とその近隣都道府県に居住する住民が人格権に基づき、運転差し止めを求めた事案です。

 大きな争点としては、どの程度の地震が起きる可能性があるか。そして、M9クラスの"超東海地震"など、想定を超える地震が発生する可能性があるかなどです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載