サイゾーpremium  > 特集  > 医学ジャーナリストが選ぶ革命家──日本で...
第1特集
新時代を切り開く"革命児"たち【医療】

医学ジャーナリストが選ぶ革命家──日本でたったひとりの心臓のロボット手術医

+お気に入りに追加

──医療支援ロボットの認可が遅れる日本。この状況を打破すべく戦い続ける医師を、医学ジャーナリストの松井宏夫氏に聞いた。

1203_matsui.jpg

[推薦人]
松井宏夫(まつい・ひろお)
日本医学ジャーナリスト協会幹事、東邦大学医学部客員教授。「週刊サンケイ」記者を経て、フリージャーナリストに。81年から医療を専門とする。『たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学』(朝日放送)などの監修・出演も行う。名医本のパイオニアとしても有名。

 現在、世界の医学界では、手術支援ロボットのアームを操作し、患部の切除や縫合をするロボット手術が大きな注目を集めています。

 この手術方法の最大のメリットは、患者の体にやさしいこと。アームを体内に差し込むために1センチ程度の穴を4カ所ほど開けるだけなので、メスで大きく切開しないで済む。その結果、患者さんは、手術の翌日には動きまわれるほど回復します。この方法が普及すれば、あらゆるがんや心臓の手術が、2泊3日ほどの入院で済み、さらに、体力の面から外科手術を受けられなかった高齢者などにも、手術ができるようになるのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』