>   > 元スターダストプロモーション市川美織もブ...

──2010年から本格的にブレイクしたAKB48。全然ついていけていない人も、これだけ押さえれば大丈夫です!

1203_ichikawa.jpg
"フレッシュレモン"こと、チーム4の市川美織。「フレッシュレモンになりたいの~」でブレイク。 (c) AKS

 2005年12月に秋葉原で産声を上げたAKB48。11年には「フライングゲット」でレコード大賞も受賞し、まさに国民的アイドルへと成長を遂げた。そんなAKBだが、「展開が早すぎて、もう何がなんだかわかりません!」という方のために、ここでは"知った顔をできる"4つのポイントをご紹介しよう。AKBにとっての12年は、こんな年になりそうですよ!

【1】続くリリースラッシュ
 現在AKBを中心に、名古屋栄のSKE48、大阪難波のNMB48、福岡博多のHKT48、AKBのお姉さん的ユニットSDN48には、総勢282人が所属している(2012年2月8日現在)。さらに、ノースリーブス、Not yet、渡り廊下走り隊、フレンチ・キス、DiVAという派生ユニットも誕生した。そんなAKB関連グループは、今年も年始から怒涛のリリースラッシュを展開中だ。1月25日発売のSKE「片想いFinally」から、3月21日発売のDiVA「Lost the way」まで、ほぼ毎週のリリースが予定されている。中でも、2月29日に発売されるチームBのエース・渡辺麻友の「シンクロときめき」、発売日は未定だが、指原莉乃の「それでも好きだよ」、さらには演歌に挑戦した岩佐美咲の「無人駅」と、板野友美、前田敦子に続くソロデビュー展開も本格化。渡辺、指原はそれぞれドラマの主役を務めるなど、グループから個人へと、多様な展開を見せている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』