>   >   > 『ロボジー』は『こち亀』にありそうなお話...

──低迷する映画業界よ、こんな時代だからこそ攻める映画を! 保守的になりがちな映画業界に喝を入れる映画評。映画を見る前にこれを読むべし!

2012年3月号 MOVIEクロスレビュー

■人気作、3作目で3Dになる

1203_ALWAYS.jpg

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
監督/山崎貴
脚本/山崎貴ほか
原作/西岸良平
出演/吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希ほか
配給/東宝 公開/1月21日

東京五輪を控え、活気づく日本。三丁目の住人も心待ちにしていた。ようやく夫婦となった茶川(吉岡)とヒロミ(小雪)、それに古行淳之介(須賀健太)は実の家族のように3人で暮らしている。そんな中、鈴木オート従業員・六子(堀北)に言い寄る医師(森山未來)が現れる。人気シリーズ3作目。

【映画文筆業・那須評】
★★★★★★★☆☆☆
優秀すぎて可愛げはないが
気がつけば『男はつらいよ』のような連作モノの様相を帯びてきた同シリーズ。個人の内面や限られた人間関係にとどまりがちな近年の邦画の中で、地理的なスケールこそ狭いが、十人十色の隣人を巻き込んだ作劇の腕が光っている。上の世代へのウケが抜群にいいのは、時代背景へのノスタルジーだけでなく、昔ながらの人情喜劇としての群像劇の作り方ではないか。森山未來、染谷将太らニューフェイスを迎え入れる懐も深い。優秀すぎて可愛げはないけれど。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』