>   >   >  2011年は国家による合法的な「いじめ...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第75回

2011年は国家による合法的な「いじめ」の年。"忘年"してはダメだ!!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1202_takasu.jpg
12月9日、新刊『飲んで暴れて惚れて』(三才ブックス)発売記念パーティを開催。萌えクィーン初代グランプリのほか、河北新報の広報部長がスピーチをしてくれた。東日本大震災発生後、彼はすぐに社員の炊飯器を集めて記者のために握り飯を作った。「いちばんの仕事をやったと思う」と語っていた。

 あっという間に過ぎ去った2011年。「今年の漢字」やさまざまな場面で「絆」という言葉が叫ばれたが、私に言わせれば、11年は「恐喝」の年である。もっとわかりやすく言うと「いじめ」の年だ。

 それを最も象徴している出来事は、強制停電と放射性物質である。原発事故が起こってしまったことは仕方がない。ただ、そのあとで国家が強制執行に近い形で停電を行ったことは、「スイッチひとつでおまえらの命なんか簡単に奪えるぞ」と国民を恐喝したも同然だ。国民は黙るしかない。拡散した放射性物質は「除染している」と言っていたが、除染されたものはどこへ行ったのか。受け入れるところなんかない。絆や倫理、道徳なんてものでは決して解決できない、身もふたもない話である。国家による合法的な国民いじめである。

 縦軸にいじめ、横軸に厭世観。このマトリクスに生きたのが11年。最終的に行き着いた究極のいじめは、子殺しや親殺しである。12月には、大手ゼネコンの会社員が「仕事がうまくいかない」という理由で10階から1歳の子どもを投げ落とした。国家は国民をいじめ、国民は自分より弱い者をいじめるようになった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』