サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 『鋼の錬金術師』の根源がここにあり! さ...

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2012年2月号 COMICクロスレビュー

■古代オリエント世界に渦巻く謀略と戦い

1202_hisutorie.jpg

『ヒストリエ』(7巻)
作/岩明均
掲載/「月刊アフタヌーン」(講談社)
価格/580円 発行日/11月22日
紀元前4世紀頃のギリシャやマケドニア、ペルシアが舞台。ギリシャ都市国家の裕福な家庭に育ったエウメネスは、当主たる父親への謀反発生の際に養子だったことが判明し、奴隷の身に落とされて故郷を追われる。その後出会ったマケドニア王国のアレクサンドロス大王に、書記官として仕えた彼の生涯を描く。『寄生獣』作者の肝いり長期連載。

【脚本/演出家・麻草評】
★★★★★★★★☆☆
コマ割り、見開き、技術力に感嘆
陰鬱でねっとりした時間が流れる前半部には心地よい眩暈を感じる。アレキサンドロス王子と未来の部下による友情の育みようにも、コマ割りの秀逸さに感動させられつつ、史実を想起して冷や汗。これから先も王子の悲劇にどっぷりつかることができそう。迫力の見開きで圧巻の9ページ連続丸呑みを体験してみよう。しかし、主人公のエウメネスは飲料水を飲んで遠くを見るばかり。将棋作りに夢中なのも良いけど、もう少し活躍してほしい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』