>   > [ゲーム業界]トップ企業の爆弾──盗作騒...

──SNS上で配信され他のユーザーと競い合い、基本は無料、追加アイテムなどを有料で購入してゲームを有利に展開できるのが特徴のソーシャルゲームと、家庭用ゲーム機&携帯ゲーム機、ソフト類を指すコンシューマゲーム。2011年は前者の躍進の年となった。牽引するDeNAやGREEは、今年も引き続き市場を拡大できるのか?

トップ企業

株式会社ディー・エヌ・エー
ケータイ向けSNS・Mobage(旧称:モバゲータウン)にて、ソーシャルゲームを配信する。2011年10月31日に発表された同年7~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比28%増の約347億円、営業利益が13%増の約154億円。11年は、看板社長だった南場智子氏が退任したり、横浜ベイスターズを買収するなど、業績以外でも激動の1年だった。

グリー株式会社
DeNAと同じく、SNS・GREEにてソーシャルゲームを配信する。2011年11月2日に発表された同年7月~9月の連結決算は、売上高が過去最高の約304億円(前年同期比145%増)、営業利益が約166億円(同168%増)。社長の田中良和氏は楽天出身。11年初頭には米国子会社を設立、海外展開を進めている。

1202_game_ill.jpg
(絵/小笠原徹)

 ファミコン誕生以来、エンタメ業界において確かな存在感を示してきたゲーム業界。国内市場規模では2007年をピークに下降傾向が続く状況下に、新ジャンルが現れて11年の市場を席巻した。横浜ベイスターズを買収したDeNAに代表される、ソーシャルゲームである。その躍進ぶりについて、ゲーム業界に詳しいジャーナリスト・橘寛基氏は「10年には1000億円市場となり、前年比4倍以上の伸びを見せました。11年は、2000億円以上に成長したという予想もあります」と語る。11年9月の東京ゲームショーでも、この成長を象徴する出来事があった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』