サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【嶺脇育夫】──44歳、ガチの"アイドル...
ニュース
日本一デキる"大きいお兄ちゃん"

【嶺脇育夫】──44歳、ガチの"アイドルヲタク"そして、タワレコ社長

+お気に入りに追加
1202_minewaki.jpg
(写真/有高唯之)

 嶺脇育夫、44歳。趣味、アイドル。職業、タワーレコード株式会社・代表取締役社長──。

 彼こそが、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)から「BUBKA」(コアマガジン)にまで登場し、今ちょいと世間を騒がせている、あの「ハロプロヲタクのタワレコ社長」だ。

「もともとは、キヨシローで音楽に目覚めて洋楽ばっか聴いてるロック好きでした。田中小実昌を読んで無頼派っぽい生活に憧れたり」

 そんな彼が今や、「もしアイドルヲタクがタワーレコードの社長だったら」と銘打たれた『タモリ倶楽部』に登場、Berryz工房・熊井友理奈ちゃん(18)の生写真コレクション(約1500枚、購入費用約50万円)を披露するほどの、立派な"大きいお兄ちゃん"に成長した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載