>   > 「出世コースはやっぱり放送局?」NHK職...

──近年、NHK番組への評価が高まっている。広告収入に頼らない成立事情から、不況にあえぐ民放各社よりもアドバンテージがあると思われるが、内部で働く人間は、自局の現状をどう捉えているのか? 勝ち組らしい、まったり感漂う座談会から見えてきた決意とは──。

[出席者]

A…NHK制作局員。30代
B…NHK地方支局報道記者。20代
C…外部制作会社社員。30代

A 最近、外部の人から、ウチの番組の評価が高いみたいだね。今年は大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』が平均17・7%で歴代大河ワースト3位を記録したり、松本人志のコント番組『MHK』が2・3%で大敗、なんてダメな話もあったけど(笑)、去年は『龍馬伝』や『ゲゲゲの女房』が社会現象化したり、これはEテレ(旧NHK教育)だけど障害者によるバラエティ『バリバラ』など、基本的にはバラエティやドラマには良いリアクションが多い。

B 報道の人間としてはうらやましい限りですよ。ニュース番組は若い人に観られていないので、若年層の接触率を上げようと必死です……。やはり報道はまだ堅いですから。平日夜の帯番組『ニュースウォッチ9』は、神聖かまってちゃんやKポップを取り上げたり、気象予報コーナーに登場するキャラクター"春ちゃん"がネット民に大人気だったり、従来のNHKの報道番組らしくない頑張りを見せていると思いますが。

C NHKらしからぬといえば、朝の情報番組『あさイチ』がそうですよね。有働由美子アナウンサーとV6井ノ原快彦が中心の番組ですが、「セックスレス」や「エア恋愛」特集など、ちょっと俗っぽいテーマをよく取り上げて話題になっています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』