サイゾーpremium  > 特集  > これをやったら右翼も黙ってません!? タ...
第1特集
絶対語れない皇室番組の"価値"【3】

これをやったら右翼も黙ってません!? タブーに触れる報道"要覚悟"ワード・トップ3

+お気に入りに追加

──全国をひとりで飛び回る行動右翼「日本民族行動会議」細田政一議長にご解説いただきながら、報道で注意すべき3つのワードをご紹介。

右翼抗議確率No.1

1201_keishoumondai.jpg

■天皇家継承問題
現在話題となっている「女性宮家」創設と、今上天皇が崩御された際の皇位継承問題。この2点については、記者クラブ内でも最もナイーブな問題として扱われているという。特に皇位継承問題においては、皇太子妃雅子殿下がご病気によりご公務を果たせないことから、皇太子位を秋篠宮殿下へ移譲すべきではないかという議論がにわかに持ち上がっている。「実は、宮内庁の中にも秋篠宮殿下が継承すべきではないかとの考えを持っている人がいる、という話が聞こえてきています。皇室典範の改正を進める中で、直近の皇位継承問題についても話し合うつもりでは」(皇室に詳しいライター)という話も。


1201_hosoda3.jpg

[細田議長のご意見]
我々民族派は先の大戦が聖戦であったとの信念から、占領政策の一環として行われたGHQによる宮家廃絶を撤回し、旧宮家の皇籍回復を以て皇室制度の安泰を図りたいという意見を根強く持っています。女性宮家創設というのは右の先達による男系男子による終生継承という国史上最も皇位継承が安定した、歴史に学んだ英知が存続不能となった時点で取るべき最終手段です。また、国史上の事件や明治の制度制定史に一切触れぬまま、ただ女帝推進のための世論誘導をマスコミが行うのであれば、国体を損なう重大事犯として、民族派は自身を顧みぬ覚悟で行動するでありましょう。さらに、皇位継承を皇太子殿下と秋篠宮殿下の南北朝対立のように面白おかしく捉える報道は、最大の不敬です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論