サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 【タレントゲームの真の楽しみ方】──芸能...

──一般的に「クソゲー」と呼ばれることの多いタレントゲームを、少し着眼点を変えて遊んでみよう。

ゲームの中で輝く在りし日の姿

タレントゲームの真の楽しみ方【1】──消えた芸能人を偲ぶ

1201_tashiro.jpg
過去、覗きや覚せい剤取締法違反で逮捕された田代まさし(現在、服役中)。

■スキャンダルにまみれた芸能人たちの黒歴史
 テレビゲームの一大ジャンルに、芸能人が登場する「タレントゲーム」がある。既存のゲームのシステムに、タレントの名をつけたキャラを出すだけ、という雑な作りが多く、ゲームファンから「クソゲー」と揶揄されることも少なくない。

 ゲームとしては難がありまくりのそれらだが、今回はタレントゲームならではの楽しみ方を提案してみたい。

 タレントの絶頂期に発売されることが多いタレントゲームが輝くのは、彼らがメディアから消えた時である。

「しんすけ ゆうたら やくざ や」と、島田紳助と暴力団との黒い疑惑を20年以上も前から指摘していた『さんまの名探偵』(1987年)や「大切なものは勇気。守るものは愛。下心はぜーんぜんナイ。」というキャッチコピーが輝く『田代まさしのプリンセスがいっぱい』(89年)など、ドロップアウト時のエピソードとの合わせ技でなんともいえない味わいを醸し出している。


1201_game1.jpg
『さんまの名探偵』の紳助やくざ発言は、ネットニュースでも取り上げられ、大きな反響があった。

 10月に施行された暴排条例によって、芸能界から追放される有名人の噂も漏れ聞こえてくる昨今。もし手元に長らく起動させていないタレントゲームがあったら、久々にプレーしてみよう。当時はただのクソゲーと思っていたゲームたちが、全力でツッコミ待ちをしているかもしれない。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載