>   > グーグルテレビが切り開けなかったテレビギ...

──2010年に米国で発売され、家電業界を特に賑わせたグーグルテレビ。日本では未発売だが、果たしてこれが上陸してきた時、日本のテレビ業界とその周辺の力関係はどう変化するのか? キー局、家電メーカー、中央官庁それぞれを軸に、話題が先行するスマートテレビが与える影響を見通す。

1201_smTV_01.jpg
『スマートテレビで何が変わるか』(翔泳社)。

テレビ業界の新潮流といえば、グーグルテレビに代表される「ネットとテレビの本格的な融合」たるスマートテレビが挙げられるだろう。日本でも、ひかりテレビやアクトビラのような、ネット回線を使ったコンテンツ配信サービスは以前から存在していたが、グーグルテレビの目指すところはその比ではない融合ぶりだ。スマートフォンなどでおなじみのAndroid OSを搭載し、テレビ番組、ウェブサイト、アプリにまたがる横断検索機能を持つ。ウェブブラウザとテレビ画面が同時に表示でき、OSのバージョンアップももちろん可能――。日本では未発売だが、2010年5月にグーグルが計画を発表し、同年10月には鳴り物入りでアメリカにて機体が発売された【ボックス内参照】。これをきっかけに、スマートテレビをめぐる議論がいよいよ日本でも盛り上がることとなった。

 しかし実のところ、グーグルテレビは発売から1年たった今に至るまで、売り上げが伸びていない。今年11月には、セットトップボックスを販売していたロジテックが製品開発の中止を発表。同社はこの事業で1億ドル以上の営業赤字を出した。グーグル自体の本事業における収益が約5億ドルということから、残るソニー製グーグルテレビやセットトップボックスも売れ行きははかばかしくないと推測できる。話題が先行しすぎたのか、「スマートテレビの時代が始まった!」と盛り上がるにはいささか微妙な状況だ。テクニカルライターで、インターネットユーザー協会代表の小寺信良氏はこう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』