サイゾーpremium  > 特集  > "スイカップ"古瀬絵理が語る「女子アナブ...

──古瀬絵理が、まもなく産休に入るという。空前の女子アナブームに沸いていた03年頃、"スイカップ"なる愛称で世間を騒がせた彼女は、テレビ不況まっただ中の女子アナ界をどう見ているのだろうか?

1201_furuse.jpg

古瀬絵理(以下、) 女子アナというものが、女子大生が憧れる職業ではなくなってきたように感じますね。アイドル的な扱いが、昔に比べて少なくなっているような。

──週刊誌界隈では、パンチラなどの定番女子アナネタでは数字が取れなくなっているとも聞きます。

もっとちゃんと見せてくれる人がいるからじゃないですかね。『おねマス』(テレビ東京)の子たちとかすごくかわいいし。あと、女子アナは素人っぽさも魅力だったので、AKB48ともかぶっているかも。見ていて楽しいほうに流れるのは当然ですよ。

──女子アナの役割も、これから変わっていく?

「テレビが面白くない」っていう意見を聞くことが、最近ものすごく多いんです。震災以降なのか、もともとあった考え方なのかはわかりませんが、もうちょっと地に足つけたものが見たいって人が増えているのかもしれませんね。だからか最近は、番組のメインを張る女子アナさん方って、落ち着きがある人が多いように見えます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載