>   >   > 4年ぶりの新刊に沸く『預言者ピッピ』 大...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第19回──【COMIC編1】

4年ぶりの新刊に沸く『預言者ピッピ』 大幅書き下ろし部分に残る懸念

+お気に入りに追加

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2012年1月号 COMICクロスレビュー

■郊外ヤンキー像のアップトゥデート

1201_ashikaga.jpg

『足利アナーキー』(6巻)
作/吉沢潤一
掲載/「ヤングチャンピオン」(秋田書店)
価格/560円 発行日/10月20日
北関東は栃木県足利市を舞台に、土着のヤンキー高校生たちを描いた、秋田書店お得意のヤンキーマンガ。むちゃくちゃケンカが強く、強さのあまりヤクザにスカウトされたりする春樹と、その友人で読者モデルの風雅。高校3年生の彼らは、何もない田舎で、日々喧嘩に明け暮れながら、「日本一のギャングになる」を目指す。

【脚本/演出家・麻草評】
★★★★☆☆☆☆☆☆
ここから化けるかどうかな?
『ホーリーランド』っぽい表紙絵からシビアな内容を期待したら、『エアマスター』風味の薀蓄バトルマンガだった。休憩や騙しにスポットを当てる喧嘩シーン等には独特の魅力があるも、『喧嘩商売』を想起してしまえば、魅力も半減する。絵柄を急に変化させるギャグも柴田ヨクサル的で、とにかくマンガとしては未消化な印象。ただし内容の位相がずるりと変化する最新刊の最終ページには注目したい。ここからキメラ的に化ける可能性もある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』