>   > 深夜エロ番組から過激なトークショーまで!...

──制作費も少なく、ネット局も少ない中で、奮闘する独立局の名物番組。そのプロデューサーたちに、マニアックだけど、一部から絶大な支持を誇るこれらの番組の楽しみ方を聞いた。

マツコを発掘したプロデューサー

【TOKYO MX 『5時に夢中!』プロデューサー】
■スポンサーも芸能事務所も関係ない! 毒舌トーク番組

1201_5ji_bamen.jpg

──コメンテーターたちによる生放送での歯に衣着せない毒舌トークが話題を集める、TOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』。かのマツコ・デラックスをはじめとした、キャラの濃すぎる出演者を擁して、夕方の時間帯で異彩を放つ、人気番組誕生の秘密とは?

 番組がスタートする時に僕の中にあったのは、在宅率の高い主婦向けにしようってことくらいで、実はそれほど意図して過激なものにするつもりはなかったんですよ。

 ただ、キー局の全国ネットであれば、あらゆる視聴者を想定しなきゃいけないから、ある程度のヌルさも必要でしょうけど、僕らはもともと刺激に慣れてる東京の人だけを相手にすればよかった。だから、"夕方にやってる深夜ラジオ"みたいなイメージでやれば、面白いんじゃないかって意識は当初からどこかでありましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』