>   >   > 清武の乱で無駄骨を折った記者の徒労と内ゲ...
41IWDhLvmFL._SS500_.jpg
「私の愛した巨人」(ワック)。

 今年度下半期、もっとも世間を騒がせた"内輪モメ"となった「清武VSナベツネ騒動」。11月11日に読売巨人軍・清武英利前球団代表兼GMが「重大なコンプライアンス違反がある」と大風呂敷を広げ、ナベツネこと渡邉恒雄巨人軍会長を糾弾したが、結局はコーチ人事をめぐる「権力争い」だったことが判明。後にGMを解任された清武氏は、ナベツネとの法廷闘争も示唆したが、同氏も「俺は法廷闘争で負けたことがない」と応戦する構えを見せた。さらに、12月5日には、読売巨人軍と読売新聞グループ本社らが清武氏に総額1億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴するなど、泥沼の様相を呈している。

 ところが、コトは単なる"お家騒動"だけに、世間も「そこまでやるか?」と一気にトーンダウン。シラけムードすら漂いつつある。結局振り回されているのは、読売新聞とお仲間であるマスメディアの報道陣たちだけだというから笑えない。

 一部マスコミに「清武の乱」の情報が出回ったのは、11月11日の午前10時頃。当初、情報は錯綜し、記者たちは会見内容の裏取りに東奔西走していたという。週刊誌記者が語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』