>   >   > 清武の乱で無駄骨を折った記者の徒労と内ゲ...
41IWDhLvmFL._SS500_.jpg
「私の愛した巨人」(ワック)。

 今年度下半期、もっとも世間を騒がせた"内輪モメ"となった「清武VSナベツネ騒動」。11月11日に読売巨人軍・清武英利前球団代表兼GMが「重大なコンプライアンス違反がある」と大風呂敷を広げ、ナベツネこと渡邉恒雄巨人軍会長を糾弾したが、結局はコーチ人事をめぐる「権力争い」だったことが判明。後にGMを解任された清武氏は、ナベツネとの法廷闘争も示唆したが、同氏も「俺は法廷闘争で負けたことがない」と応戦する構えを見せた。さらに、12月5日には、読売巨人軍と読売新聞グループ本社らが清武氏に総額1億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴するなど、泥沼の様相を呈している。

 ところが、コトは単なる"お家騒動"だけに、世間も「そこまでやるか?」と一気にトーンダウン。シラけムードすら漂いつつある。結局振り回されているのは、読売新聞とお仲間であるマスメディアの報道陣たちだけだというから笑えない。

 一部マスコミに「清武の乱」の情報が出回ったのは、11月11日の午前10時頃。当初、情報は錯綜し、記者たちは会見内容の裏取りに東奔西走していたという。週刊誌記者が語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』