サイゾーpremium  > 特集2  > 本当はロックや外タレのほうが好き!? 現...

──ここまで、ヤクザと演歌歌手たちの濃密な関係や、宴会でのマナー、その歴史について追ってきた。現在の若い衆世代にもそんなルールは通じているのだろうか?そこで、本編では某組織三次団体の親分を務めるA氏とそのご家族に、現在のヤクザと演歌の関係について、生の声を聞かせてもらった──。

1112_2toku_az02.jpg
『ヤクザ1000人に会いました! 』(宝島社)。

──今回は、「組長一家と演歌」をテーマに、お話を伺いたいと思います。ヤクザといえば、演歌歌手との親交が深いというイメージがありますが、やはりみなさん演歌好きなんでしょうか?

組長(以下、) 北島三郎、鳥羽一郎、山本譲二、大川栄策、このへんのいわゆるド演歌はみんな共通して好きだね。

──組長が自分の曲をCDにしたりする、という話も耳にしますが、そうしたケースは、実際によくあるんですか?

 あぁ、何年か前に、うちの親分も作ってたな、非売品だけど。「聴け、聴け」って喜んで配ってたけど、オレはその時一回聴いて、それ以来聴いてないね(笑)。

──思ったより、ぞんざいな扱いなんですね(笑)。宴会のカラオケでは、やはりみなさん演歌を歌われるんですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載