サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 麻薬密輸は死刑に相当する重罪か!? 人権...
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第17回

麻薬密輸は死刑に相当する重罪か!? 人権を掲げる普遍的主義と文化相対主義との対立

+お気に入りに追加

──国家とは、権力とは、そして暴力とはなんなのか……気鋭の哲学者・萱野稔人が、知的実践の手法を用いて、世の中の出来事を解説する──。

第17回テーマ「他国での死刑と文化相対主義」

1112_kayano.jpg

[今月の副読本]
『オリエンタリズム』(上)
エドワード・W・サイード著/平凡社ライブラリー(93年)/1631円

スタンフォード大学の特別研究員だったサイードによる、東洋への理解を多角的に捉えた著作。西洋人の独断的解釈で語られる「オリエンタリズム」の概念から脱却し、新しい価値観で中東を論じたことでも知られる。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論