サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 貧困、会社人間、国家の罠......映画...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第60回

貧困、会社人間、国家の罠......映画でわかるアメリカの暗部【後編】

+お気に入りに追加

【前編はこちら】

【中編はこちら】

ハリウッドが手がけたウォール街批判映画の意味

神保 『フェア・ゲーム』のアメリカでの公開は、10年。ブッシュ政権とイラク戦争というテーマは、マイケル・ムーアなども取り上げてきましたが、ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン主演というメジャーな作品で描かれるのは初めてのこと。過去の話ではあるけれど、チェイニーなど、まだ隠然たる力を持っている人物も多数登場する。このタイミングで出てきたのは、何か背景があるのでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論