サイゾーpremium  > 特集2  > 整形、合コン、実は非イケメン.........

──ここまで「ビジュアル系は本当にカッコイイのか?」というお題で考察を重ねてきたが、一番彼らを愛しているのは、ほかならぬバンギャたち。彼女たちは、ビジュアル系の何を愛しているのか? バンギャだけが知る、ファンとメンバーの危ない関係をこっそり聞いてみた。

[座談会参加者]

凛華 28歳/都内在住のOL。バンギャ歴約15年。90年代V系ブームのSHAZNAに始まり、今はAYABIEファン。

まこち 26歳/埼玉県在住のフリーター。バンギャ歴10年。昼は飲食店で働き、夜はキャバ嬢。今はコテヴィ系のインディーズバンドに通っている。

さゅ 19歳/都内在住のデザイン系専門学校生。アニメの主題歌をきっかけにLM・Cとシドにハマる。Alice Nineやthe GazettEも気になっている。

51Y6cOLGZnL.jpg
『ヴィジュアル・メイクアップ・レッスン』(竹緒)

凛華 そもそも、ビジュアル系はイケメンじゃない男性がやるんですよ!

まこち 元から顔が良かったら、ジャニーズ入るもんね(笑)。元ジャニーズJr.や元ジュノンボーイのバンドマンもいるけど、それは例外として、やっぱりどこかコンプレックスや変身願望を抱えている人がやるんじゃないの?

凛華 最近だとナイトメアなんかもそうだけど、人気のあるバンドのボーカルは、背の低い人が多いですよね。ビジュアル系なら多少の短所は、髪形や化粧でごまかせるんですよ。極端な話、顔の下半分を布で覆っちゃってるバンドマンだっていますからね!

まこち 全員ホスト風のイケメンばっかりのバンドより、デブでもキャラが立ったメンバーがいるバンドのほうが、イベントで対バンしたら印象に残りやすいよ。

さゅ あと、素顔イケメンのバンドマンでも、ブログとか見ると私服が超ダサくて逆に萌えるとかありますよね~(笑)。

まこち そう、ビジュアル系バンドマンは、完璧じゃないところがイイんだよ!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』