>   >   > 時代考証が不十分!? 中途半端なファンタ...

■原作もドラマも人気のテッパンシリーズ

1111_bachisuta.jpg

『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』
脚本/後藤法子ほか 演出/今井和久ほか プロデューサー/豊福陽子ほか
原作/海堂尊 出演/伊藤淳史、仲村トオルほか
CX系にて、毎週火曜22:00~22:54放映(9月20日終了)

大学附属病院を舞台に、外来講師・田口(伊藤)と、厚労省役人・白鳥(仲村)の活躍を描く、『チーム・バチスタ』シリーズ3作目。検死手法「死亡時画像病理診断(Ai)」をめぐる警察と医療技術者側の攻防をベースに、冤罪事件の暗い影を描く。

【批評家・宇野評】
★★★★★★☆☆☆☆
仲村トオルの白鳥が圧倒的
マンネリではあるが、さすがの安定感と呼ぶべきだろう。膨大な原作シリーズの中からここで『アリアドネの弾丸』を選ぶという取捨選択も正解だし、テレビドラマ向けの脚色と再構成も巧い。ミステリというよりはライトな医療薀蓄ものとしてきちんと成立させつつ、物語展開自体はひたすらキャラを立たせてゆくことに奉仕させる手腕は見事。特に仲村トオルの白鳥は原作版、映画版(阿部寛)を圧倒する存在感で、既にひとり歩きすらしている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』